夏も終わり!そうだ!水泳だ!

gahag-0074102679-1

皆さんこんにちは。技術サポート部担当の「ボウモア」です。

もう夏も終わりですね。季節の変わり目なので、お身体にはお気を付け下さい。

では、本題。

前回は「ローリングについて」をご紹介しました。

今回は「キャッチ」についてお話したいと思います。

おそらく、水泳をやっていくなかで一番悩むのがこれではないでしょうか?
『キャッチ』。水をとらえるこの動作は非常に重要な動作になります。

では、キャッチを上手になる、いい練習方法としては、スカーリングがよく練習に取り入れられます。

▼スカーリングとは
スカーリングとは、水をとらえる為の動作です。
水中映像を見てもらえばわかりやすいと思いますが、手の平の動作で生まれる揚力を使って体をコントロールし、前に進みます。
基本動作は∞の動きをします。
手の平の角度が重要です。
しかし、それ以上に手の平の返しはもっと難しいです。
外側の返しを中心に練習してみてください。
▼スカーリングの手順
1.手の平を角度は45度にして外側上方へかき出します
2.最も外側で、小指に水を引っ掛ける様にして手の平を下方内側へ返しましょう
3.同じく、手の平を角度は45度にして内側上方へかき込みます
4.最も内側で、手の平を返し1へ

▼タイムを取る
ただ練習するだけでなく、しっかりとタイムをとってやってみて下さい。
タイムが縮まると能力向上が見えやすいので、成長を感じやすいです。

25mを大体30秒くらい目標にして下さい。
慣れていない人は40秒、45秒とタイムを伸ばしていってくださいね。

▼参考動画

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

ボウモアでした。

コメントをお願いします